早漏よりもやっかいな遅漏の原因は何?

早漏よりも厄介と言われているのが「遅漏」です。
多くの男性が早漏で悩んでいるため、遅漏の方が良いのではないかと感じている人も多いようですが、実は遅漏の方が治療をしていく上で厄介なのです。
そもそも、早漏というのは、自分自身の射精感をコントロールすることができずに射精をしてしまうことを言いますが、遅漏は射精コントロールをしているわけではなく、射精するまでの時間が極端に遅いのが遅漏です。
逆に膣内に挿入して早々に射精してしまうのが早漏。

男性にとっては早漏であろうが遅漏であろうがどちらも悩みの種ではあるのですが、早漏の方が治療がしやすいというメリットがあります。
早漏は射精コントロールさえすれば改善することができるのですが、遅漏はそう簡単に治すことはできません。

そもそも、遅漏の原因は一体どんなことなのでしょうか。
遅漏の原因と言われているのは、自慰行為の仕方にあると言われています。
自慰行為を行う際、多くの男性は手を使って行っていますが、遅漏の男性の中には床や布団などにこすりつける自慰行為を行っていることがあります。
これは、セックス時にはない刺激ですので、このような自慰行為をしていると射精するまでにかなりの時間がかかってしまいます。

また、強い刺激でしか射精できないことも原因と言われています。
自慰行為をする際に強い刺激で射精をすることが当たり前になっていると、女性の膣内の刺激だけでは射精にまで達することができません。
道具などを使用して自慰行為を行っている人はすぐにやめることが大切です。
また、足をピンと伸ばした状態で行っているとそれが射精をする際のクセになってしまいます。

遅漏を改善する為には、原因となっている自慰行為をやめることから始まるでしょう。
自慰行為をする際には、セックスと同じような状態で行うこと、刺激はソフトにするなどの対策が必要となってきます。
間違った自慰行為をやめることが改善の第一歩です。

女性は早漏と遅漏どっちが嫌?

女性にとって早漏と遅漏どちらの方が嫌なのでしょうか。
これは個人差がありますが、ほとんどの女性が「遅漏」の方が嫌なようです。
その理由と原因について考えてみましょう。

女性にとって膣内に挿入することはさほど重要なことではありません。
そのため、早漏の男性とのセックスが嫌で別れることはあまりないのです。
むしろ早いことの方が良いとさえされています。
しかし、長時間挿入されていることには抵抗感があるようです。

長時間挿入されることによって、膣内が乾きやすい状態になります。
女性は頭で感じる生き物と言われていますので、興奮状態を維持することができれば乾きを防ぐことはできますが、多くの女性はあまりにも射精までの時間が長いと気持ちが冷めやすい傾向があります。
気持ちが冷めてしまうと、女性器も濡れにくくなり、挿入時のピストン運動が苦痛になってしまいます。
摩擦が痛みに変わってしまうと、より乾いてしまい悪循環を生んでしまうのです。

そのため、早漏よりも遅漏の方がセックスをする相手としては苦手と感じている女性が多いのです。
もし、長時間挿入しなければ達することができない場合、途中で挿入をやめて、他の方法で達するなどの工夫が必要となってきます。
また、ローションなどの潤滑剤を使用することも考えましょう。

女性にとってセックスが苦痛な時間にならないように、男性側が考慮してあげることが大切です。
間違っても自分よがりなセックスを押し付けないことが必要でしょう。
また、男性が達することをメインとせずに、お互いの体を愛撫するようなセックスに切り替えることもおすすめです。
挿入だけがすべてではありませんので、こだわりを捨てることも大切です。

おすすめ記事