早漏は包茎がやっぱり原因?

男性の言えない悩みとして代表的なものの一つが早漏ではないでしょうか。
早漏というのは読んで字のごとくなのですが、性行為の時の刺激にペニスが耐えられなくなって挿入後、または挿入前の行為中に射精してしまう事を指します。
早漏だと、パートナーとのセックスをじっくりと楽しむことが出来なくなりますし、何よりもそのことを気に病んでしまってセックス自体に恐怖心を抱くことになります。

早漏に関してよく言われているのが包茎の人は早漏になりやすいという噂です。
これは昔から言われている事なのですが、本当に包茎の人は早漏になりやすいのでしょうか。

実は日本人の約7割は包茎だといわれています。
そして包茎と一口に言っても色々な種類があって、その重症度も全然違います。

最もポピュラーなのが仮性包茎です。
これはペニスが通常時は皮をかぶっているものの、勃起して手で皮を剥けば亀頭が露出する状態のことを指します。
通常時は皮をかぶっているため、衛生面で問題はあるものの、仮性包茎に関しては常に皮を剥いて洗っておくことを心がければそれほど心配はありません。

さて、仮性包茎などの人は早漏になりやすいかという本来の問題に関してですが、結論から言えば直接的要因とは言えないものの、間接的な要因としては大いに影響しています。

仮性包茎などいわゆる包茎の人は、亀頭が通常皮に覆われている状態です。
ですから外部からの刺激を直接植えている状態ではありません。
しかし挿入時は勃起しますから亀頭が剥き出しになり、外部からの刺激を直接受けることになります。
普段皮をかぶっている包茎の人は外部からの刺激に弱いため、ちょっとして刺激がとても気持ちよく感じられるため、すぐに射精感が高まってしまうのです。

しかし、それ以上に早漏は経験的な部分が多いです。
女性との経験を積み重ねていけば過度の女性で興奮しなくなり、早漏は改善されることになります。

また、過度の自慰行為も早漏の原因になるといわれています。

包茎はやっぱり手術で治す?

先ほど早漏には色々な種類があるとかきました。
包茎は皮をかぶっているため、どうしてもバイ菌が溜まりやすいため、女性からは敬遠される傾向にあります。

仮性包茎であれば毎日入浴時にしっかりと皮を剥いて清潔に洗う事でそれほどバイ菌の繁殖は多くはなくなります。
もし完全に治したいと考えているのであれば手術によって余っている皮を切り取るか縫い付けるかの簡単な手術で治療する事が出来ます。

仮性包茎を治療することで先ほど書いた早漏の改善にもなりますし、皮によって押さえつけられていたペニスが大きくなるという効果もあります。

このように仮性包茎の場合は毎日清潔に保つことで必ず手術する必要はないのですが、包茎の種類の一つである真性包茎となると話は別です。

真性包茎というのは勃起をしても全く皮が剥けない状態のことをさします。
皮が剥けないですから入浴時にペニスを洗おうとしても皮の中をきちんと洗うことができません。
そのため雑菌が亀頭の中に溜まります。
雑菌が溜まると悪臭を発しますし、性病の原因にもなるので真性包茎の場合は必ず手術して治療する必要があります。

仮性包茎は場合によっては自分で治すこともできるのですが、真性包茎になると自分では絶対に直せません。
病院で手術して余っている皮を切り取ってもらうことが必須になります。
そして自分のペニスを守るためにも出来るだけ早く治療を受けた方が良いでしょう。

包茎治療の際には色々な手術法がありますが、治療法によってペニスがどのような形になるかが全く変わってくるので、いろいろな実例を見て比較検討するようにしましょう。

包茎で悩んでいる人は勇気をもって手術を受けることで長年の悩みから解放されるでしょう。

おすすめ記事