早漏はパートナーと協力して治そう

協力し合うカップル性交渉を行う上で男性側に求められるものは大きく、その一つに射精が挙げられます。
性交渉のひとつの終わりや区切りとして射精がそれに該当することが多いですが、早漏では十分な満足のいく行為に至らないことがあります。

稀にであれば問題ありませんが、それが何度も続くと互いに性交渉に対して不満を持つ可能性もあります。
特に早漏の男性にとって自尊心やプライドを傷つけることにもなります。

また射精にかかる平均的な時間を知らない男性も多く、女性から言われて気づくこともあります。
そのため早漏を抱えている男性と性交渉を行う場合、本人もですが、パートナーにも配慮が求められます。
それを疎かにすると互いの関係性にも響きかねません。

性交渉はただ快楽を求めるだけではなく、互いのコミュニケーションのひとつとも言えます。
そのコミュニケーションの中で不満や不安を抱えていてはなかなか上手くいくものもいきません。
そのため早漏改善に勤しんでいる人も多いです。
その方法に関しても様々な方法が存在しています。

個人で取り組むことも可能ですが、平均して個人で行うと続かないケースが多い傾向にあります。
個人で行うことですべて自分の判断でどの程度の効果で満足するかが決まってしまいます。
しかし実際の性交渉の中ではトレーニング通りにいかないこともあることと、自分の満足したトレーニング結果は実際にはまだまだであることもあります。
それを繰り返すなかで心が折れたり精神的に参ってしまうなどに至りかねません。

男性器の勃起は精神と密に結び付いています。
そのためより精神的に負担をかけないようにすることと、他者の意見を取り入れて改善に図り、失敗を減らすことが求められます。
その上でもパートナーと協力していくことが望ましいと言えます。
その際に方法もいくつかありますがその一つにセマンズ法と呼ばれる早漏改善に繋がる働きかけが存在しています。
実際に協力することで互いの問題と捉えることにもなり、行う人は多いです。

セマンズ法で早漏治療しよう

パートナーと協力して早漏改善を行う上でセマンズ法を選ぶ人も多いです。
セマンズ法の特徴としては射精に近づいたときにあえて我慢を繰り返すというものです。
それにもいくつかの段階があります。

ひとつ目にパートナーの手による射精があり、次に膣内挿入を行いますが、女性が動くというものです。
以降のステップについては側臥位にて膣内性交渉があり、最後の第四段階は、正常位にて膣内性交渉を試みます。
これらに共通していることは射精感が近づいたとしても、すぐに射精してしまわないということであります。

射精が簡単にできる状態では改善には繋がりにくいことと、射精のコントロールには結びにくなります。
また射精を我慢することはセルフコントロールにも繋がり、性交渉を行うなかで急に射精感が寄せてきてもコントロールが可能になれば結果として性交渉の際に早漏にならずにすみます。
またセマンズ法を選択するにあたり、パートナーの協力は必須となります。

しかしその過程の中で互いの関係性の発展にも繋がりやすいとと、改善したときに得ることが出来る喜びも大きいと言えます。
セマンズ法では射精を我慢することを反復して行います。
平均して各段階それぞれで4回程度とされています。

はじめから完璧にコントロールすることは難しく、途中で射精してしまうことも十分にあります。
その際に次にどうするかを考えて行っていくことが大切となります。
セマンズ法はあくまでも特別なものは使わない互いの協力の中で得ることが出来る効果です。

その結果が実を結ぶまでには時間もかかることと、負担もかかります。
そのため即効性にはかけますが、時間をかけて行っていくことでたしかな効果を得ることが可能となります。

おすすめ記事